日本の建設業界のグローバル化を底上げするプログラム

これは、日本の建設業界のグローバル化を推進する人材教育、国際プロジェクトマネジメント理解のカリキュラムです。世界経済の枠組みでビジネスできる地道な活動が将来の自分たちを救うのではないでしょうか? 以下はプレスリリースです。

_________________

設計事務所・施工会社の海外業務を促進する『 建築実務のグローバル化コンサルティング 』を開始。

プロジェクトデザイン・マネジメントを専門とする株式会社ミトラ国際インドネシア (本社:ジャカルタ:代表取締役 ブディ ハルタント、日本駐在員事務所:福岡市)は
2016年5月9日より、設計事務所・施工会社が海外プロジェクトの推進を行うための
『 建築実務のグローバル化コンサルティング 』(本サービス)を開始します。

現在、日本のマーケットから越境し、人口ボーナス期にある新興国マーケットを取り込んだビジネスが建設業界でも必須となっており、その流れは益々加速しています。そのような背景の中で、本サービスは海外事業のハードルを高く感じている全ての建設業界の関係者(設計・施工・メーカーの事業者や教育機関など)を対象とし、業務の国際化を推進するために必要な実務的なスキルを提供することを目的とし、国際プロジェクトを実行可能とする国際標準スキルの「イロハ」を伝授するものです。

相談者が置かれている状況に合わせてカスタマイズした基礎的な内容から実践的な内容のプログラムを自社開発し、国際プロジェクトをマネジメントできる人材育成を行います。
既に、2016年度より国立大学法人において、弊社による「建築実務のグローバル教育:国際設計特論」が開講されており、今回リリースする本サービスは、建築実務者へ向けて、さらに発展した内容も提供可能とし、建設業界全体のグローバル化実務の構築を進めていくことを目的としています。

コンサルタントは、日本とインドネシア両国での国際業務経験豊富な弊社代表が担当します。建築分野は、藤 本 健 生(管理建築士・一級建築士・コンストラクションマネージャー)、設備分野はブディ ハルタント(エンジニア・コンストラクションマネージャー)が担当します。

◎関連リンク 「国際設計 特論」 http://www.mitra-kokusai.com/jp/sekkeiron.html
◎本リリースへのお問合せは下記まで。
http://www.mitra-kokusai.com/jp/contact/sformmail.php
担当者:斎藤弘

にほんブログ村 ジャカルタ情報
にほんブログ村 経営ブログ
にほんブログ村 海外進出支援・海外支援

インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

投稿者: takeo-fj

藤 本 健 生 (FUJIMOTO,Takeo) 管理建築士・一級建築士 1970年、東京都生まれ 九州大学工学部建築学科卒業 (前川道郎研究室 建築論) 九州大学大学院修士課程修了 (福田晴虔研究室 建築意匠) ㈱中村勉総合計画事務所にて、建築設計、アーバンデザインを担当 2001年POI Architecture 設立。管理建築士として戸建・集合住宅などの設計・工事監理業務を多数経験。 2011年から現在、ジャカルタの日系設計事務所PT.Tata Nusa Tiara International (TNTI) にてDirector / Architect を務め、ホテル、アパートメント、食品工場などの設計・工事監理業務を多数経験。 2015年、POI Architectureを国際設計に改称。 同時に、インドネシア現地法人 ミトラ国際インドネシアの日本代表パートナーに就任、現在に至る。 2016年より九州工業大学建設社会工学科非常勤講師