JKTスタイルの戸建住宅地

写真を見てわかるように、敷地境界線には建物の外壁と共有する壁が立ち上がっています。
家をつくる時はその壁を外壁の一部として利用して建てるので、出来上がりは敷地境界線上の壁を共有する建ち方になります。日本でいえば長屋のような感じになります。なぜこのような形式になったのか定かではありませんが、治安の悪さも影響しているのかもしれません。

Untitled-2

にほんブログ村 ジャカルタ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です