コンセプト」カテゴリーアーカイブ

建築をかたちづくるアイデアなどについて考えてみます。

スマートシティ構想

RIMG3757RIMG3756

Indonesia Japan Expo 2013 イベントにて北九州市のスマートシティ構想のプレゼン。環境姉妹都市のスラバヤだけでなくジャカルタのニュータウンなどでのさらなるビジネス展開が可能なコンセプトですね。

にほんブログ村 ジャカルタ情報
にほんブログ村 経営ブログ
にほんブログ村 海外進出支援・海外支援

ジャカルタ沿岸のニューシティ@Pluit City

pluit_1RIMG3754Pluit City.ジャカルタ沿岸の人口島のニューシティ。課題はこの島に至るまでの交通(洪水や渋滞対策)か。北九州市がスラバヤで実践しようとしているスマートシティ構想などとリンクすると実験都市として面白そうだが。

にほんブログ村 ジャカルタ情報
にほんブログ村 経営ブログ
にほんブログ村 海外進出支援・海外支援

ジャカルタ郊外のコンセプトシティ

VIDA BEKASI . マスタープランをインドネシアの巨匠 ANDRA MARTIN さんが手掛けている。コンセプトが全体のイメージに終わらず個々の建築隅々まで実現できれば心地よい街ができそうである。vidabekasis

にほんブログ村 ジャカルタ情報
にほんブログ村 経営ブログ
にほんブログ村 海外進出支援・海外支援

GMT Institute. 煉瓦の外壁を換気可能にするチムニー建築

GMT Institute. 設計はPHL Architects。外壁煉瓦を通気可能な材料、工法を使用することで建物内部に適宜、空気を取り入れることができる。その内側にはジャロジー窓などを設置することで、エアコン使用にも対応でき、ガラス自体の掃除も可能になっている。孔あきの煉瓦はインドネシアの一般的な材料ですが、それを現代建築デザインに適用している優れたデザインです。RIMG3648RIMG3641

RIMG3642

[mappress mapid=”16″]

にほんブログ村 ジャカルタ情報
にほんブログ村 経営ブログ
にほんブログ村 海外進出支援・海外支援

アパートメントorサービス付のアパートorコスか

ジャカルタのビジネスマンの多くは集合住宅に暮らしています。
セキュリティやファシリティが充実、モールなどに近接しているなどがその理由でしょうか。
ローカルの若い人は洗濯や掃除が付いたサービス付きのKOST(コス)という下宿のような部屋に暮らすことが多く、駐在員などはアパートメント(メイド付き)かサービスアパートメントに暮らすというのがジャカルタのライフスタイルです。

ただサービス付きのコスとアパートでは広さや価格面で大きな開きがあって、ローカルと駐在員の人たちの間の待遇の違いを一目瞭然に見て取れます。

最近日本で一般化しつつあるようなシェアハウスのようなタイプの集合住宅、あるいは脱法ハウスで話題になっているカプセルハウスのようなものなどコスをより発展させたコンセプトのものや、コスとアパートの中間に位置するようなタイプ(住まい方だけでなく、広さや価格面でも中間的なもの)がジャカルタのビジネスマン(外国人、ローカルを問わず)の住まいの新しいタイプとなりえる予感がしています。

新しいジャカルタのライフスタイルを刺激するプロジェクトの開発を考えていきたいですね。

(写真は羽田のキャビンホテルindex_section2_img_01

Senopati Suites メゾネットタイプのコンドミニアム

Senopati Suites. 設計はAboday. 南ジャカルタの北部、商業地スディルマンの隣町にある超高層マンションです。ほとんどすべてのユニットが2層構成で外部にその構成が現れています。デベロッパーの説明によれば、エコロジーな材料、雨水利用、自然採光通風に配慮したコンセプトがメインのようです。Developer: LCD Property

RIMG3382RIMG3384

にほんブログ村 ジャカルタ情報
にほんブログ村 経営ブログ
にほんブログ村 海外進出支援・海外支援

ジャカルタ アーキテクチャー スタジアムへようこそ!

スタジアム。

観る側、見られる側、双方の人間によって生み出される場所。それと同時に巨額のマネーが動くビジネスの場所。選手と観客、そして主催者によって様々な時空間が生成されます。

jakarta_city_stadium

写真:スタジアムとジャカルタ

ジャカルタ アーキテクチャー スタジアム。

建築を通してジャカルタと日本、そして私たちの間に新しい出会いとビジネスが生まれる場所。それがこのサイトの目指すところです。同時に海外で仕事をし、海外からの仕事をする。国境を越えたワークスタイルを実現しながら、建築を通じたより良い社会の実現可能性について考えていきたいと思っています。

にほんブログ村 海外生活ブログ