「 ホテル&オフィス」のアーカイブを表示中です。

takeo-fj のプロフィール写真

投稿者: takeo-fj

South Quater @Jl.TB Simatupang

2015/01/25 (JKT最新ムーブメント, アパート&コンドミニアム, ホテル&オフィス, 建築じゃらんじゃらん)

South Quater developed by Intiland , designed by Atkins @Jl.TB Simatupang10945047_797948076950106_5529771929220415784_n

takeo-fj のプロフィール写真

投稿者: takeo-fj

Sahid office boutique

2014/04/20 (JKT最新ムーブメント, ホテル&オフィス, 建築じゃらんじゃらん)

IMAG0144

Sahid office boutique 。ジャカルタの中心部ミッドプラザ、インターコンチネンタルホテルの裏手にあるオフィスビル。PDWの設計。オランダの建築家MVRDVのような雰囲気を感じるのはやはり歴史的にオランダの影響が大きいのか。

にほんブログ村 ジャカルタ情報
にほんブログ村 経営ブログ
にほんブログ村 海外進出支援・海外支援

takeo-fj のプロフィール写真

投稿者: takeo-fj

周りの環境を映しこむ外壁

2014/04/13 (JKT最新ムーブメント, コンセプト, ホテル&オフィス, 建築じゃらんじゃらん)

Bakrie Tower, JAKARTA.
設計はPatrick Sloan ・HOK Architect。

自らの存在を誇示するデザインとは真逆の周辺環境によって存在のあり方が変化する建ち方をしています。形態自体、全体像はよくわかりませんが、歩いて一周すれば見えてきます。超高層ビルはいろいろな方向、高さから見られる存在であることを改めて気づかされる体験をしました。ジャカルタ超高層では最も輝いているデザインであると思っています。

IMAG0120

 

IMAG0117

にほんブログ村 ジャカルタ情報
にほんブログ村 経営ブログ
にほんブログ村 海外進出支援・海外支援

takeo-fj のプロフィール写真

投稿者: takeo-fj

アジアの現代建築雑誌 Architecture@14

2014/01/04 (JKT最新ムーブメント, アパート&コンドミニアム, コンセプト, ホテル&オフィス, 建築マーケット, 海外進出)

onlineshopnovdecco#3A525AF9_w_s
Cover_Arh@14中国、香港、インド、インドネシア、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、スリランカ、タイ、ベトナムのプロジェクトが紹介されています。

http://www.futurarc.com/FuturArc/SampleFA_Vol.33/index.html

http://www.bciasia.com/yearbook/

 

にてサンプルページのダウンロードができ閲覧可能です。

にほんブログ村 ジャカルタ情報
にほんブログ村 経営ブログ
にほんブログ村 海外進出支援・海外支援

takeo-fj のプロフィール写真

投稿者: takeo-fj

ジャカルタ沿岸のニューシティ@Pluit City

2013/12/22 (JKT最新ムーブメント, アパート&コンドミニアム, コンセプト, ホテル&オフィス, 住宅地, 建築マーケット, 都市交通, 都市環境)

pluit_1RIMG3754Pluit City.ジャカルタ沿岸の人口島のニューシティ。課題はこの島に至るまでの交通(洪水や渋滞対策)か。北九州市がスラバヤで実践しようとしているスマートシティ構想などとリンクすると実験都市として面白そうだが。

にほんブログ村 ジャカルタ情報
にほんブログ村 経営ブログ
にほんブログ村 海外進出支援・海外支援

takeo-fj のプロフィール写真

投稿者: takeo-fj

アパートメントorサービス付のアパートorコスか

2013/11/25 (JKT最新ムーブメント, アパート&コンドミニアム, コンセプト, ホテル&オフィス)

ジャカルタのビジネスマンの多くは集合住宅に暮らしています。
セキュリティやファシリティが充実、モールなどに近接しているなどがその理由でしょうか。
ローカルの若い人は洗濯や掃除が付いたサービス付きのKOST(コス)という下宿のような部屋に暮らすことが多く、駐在員などはアパートメント(メイド付き)かサービスアパートメントに暮らすというのがジャカルタのライフスタイルです。

ただサービス付きのコスとアパートでは広さや価格面で大きな開きがあって、ローカルと駐在員の人たちの間の待遇の違いを一目瞭然に見て取れます。

最近日本で一般化しつつあるようなシェアハウスのようなタイプの集合住宅、あるいは脱法ハウスで話題になっているカプセルハウスのようなものなどコスをより発展させたコンセプトのものや、コスとアパートの中間に位置するようなタイプ(住まい方だけでなく、広さや価格面でも中間的なもの)がジャカルタのビジネスマン(外国人、ローカルを問わず)の住まいの新しいタイプとなりえる予感がしています。

新しいジャカルタのライフスタイルを刺激するプロジェクトの開発を考えていきたいですね。

(写真は羽田のキャビンホテルindex_section2_img_01

takeo-fj のプロフィール写真

投稿者: takeo-fj

3☆ホテルストリート@Jl. K.H. Wahid Hasyim~MORRISSEY HOTEL

2013/11/24 (ホテル&オフィス, 建築じゃらんじゃらん, 街並み)

MORRISSEY HOTEL. Jl. Wahid HasyimとJl.Jaksaの交差点に位置するモダン建築。設計はAboday.

オーナーと建築家が楽しみながら建築したことが見て感じられる。白い塗装の煉瓦壁、メインダイニングのボリューム感も良く考えられていて心地よい。
RIMG3547RIMG3559RIMG3556

にほんブログ村 ジャカルタ情報
にほんブログ村 経営ブログ
にほんブログ村 海外進出支援・海外支援

ツールバーへスキップ