工法」カテゴリーアーカイブ

煉瓦積みの間仕切り壁

写真は飲食店の壁に使われている煉瓦壁。ローコストな材料にローコストな人件費を背景に様々なデザインの煉瓦壁が可能です。煉瓦による開口部にひとつづつガラスがはめ込まれています。

RIMG3664RIMG3667

にほんブログ村 ジャカルタ情報
にほんブログ村 経営ブログ
にほんブログ村 海外進出支援・海外支援

GMT Institute. 煉瓦の外壁を換気可能にするチムニー建築

GMT Institute. 設計はPHL Architects。外壁煉瓦を通気可能な材料、工法を使用することで建物内部に適宜、空気を取り入れることができる。その内側にはジャロジー窓などを設置することで、エアコン使用にも対応でき、ガラス自体の掃除も可能になっている。孔あきの煉瓦はインドネシアの一般的な材料ですが、それを現代建築デザインに適用している優れたデザインです。RIMG3648RIMG3641

RIMG3642

[mappress mapid=”16″]

にほんブログ村 ジャカルタ情報
にほんブログ村 経営ブログ
にほんブログ村 海外進出支援・海外支援

JICA方式耐震性の高い住宅のパンフレット~インドネシア編

JICA が作成したノンエンジニア-ド・ハウスを対象にした耐震性の高い住宅のパンフレット。
インドネシアのローカル工法をベースにした一般市民向け住宅建築のガイドライン。
臥梁で煉瓦積みを囲い外壁をつくり、その上に屋根架構をつくる標準的なインドネシアの住宅構法を分かりやすく説明している。
buku_saku_6
PDFファイルを見るbuku_saku_6

にほんブログ村 ジャカルタ情報
にほんブログ村 経営ブログ
にほんブログ村 海外進出支援・海外支援

GRC換気装置

RIMG3160

空間装置としての間仕切りの感覚が日本にいる時と異なります。
決定的に違うのは、冬がないという気象の違いに伴う内外感覚。
写真のものは世界的建築家Andra Martinさん設計のKomunitas Salihara のパーティション。
共用部分と外部を隔てます。通風と落下防止と意匠が集約されたパネルです。

にほんブログ村 ジャカルタ情報
にほんブログ村 経営ブログ
にほんブログ村 海外進出支援・海外支援

瓦積みのパーティション

ありふれた瓦を積み重ねて間仕切りにしている事例。

煉瓦と同じようにモルタルで固定しているので地震には弱いが、ほとんど地震のないジャカルタではお構いなしの空間装置である。

南ジャカルタのクマヨランにある個人宅にて。設計はバンドンの人気建築家のYu Singさん。
RIMG2079

にほんブログ村 ジャカルタ情報

斬新な煉瓦積み

ここインドネシアではありふれた素材、日干し煉瓦。
ローコストで熟練工でなくとも施工できるとあって、ありとあらゆる建築に使われています。
積み方もいろいろあるようで、オリジナリティーを出せる素材です。
写真は、ジャカルタの若手建築家 Danny Wicaksonoさんのオープンハウスで見かけたもの。壁の出隅をアール状に煉瓦を置いてAEP塗装3度塗りして白い煉瓦仕上げにしています。人件費が安いインドネシアならではのローコストな工法です。手作業のぬくもりを感じる仕上げは日本人にとっては豊かなものに感じられます。

RIMG3182

にほんブログ村 ジャカルタ情報