「 JKT建築知識」のアーカイブを表示中です。

takeo-fj のプロフィール写真

投稿者: takeo-fj

CM Partner|ミトラ国際インドネシアが国際設計と共同運営開始

2016/10/16 (JKT建築知識, JKT最新ムーブメント, 工事契約, 工事監理, 建築設計ノート, 海外進出)

cmpartner_logo333

インドネシア現地法人、ミトラ国際インドネシア(本社:ジャカルタ)が提携事務所の『 国際設計 』(本社:福岡市)と共同で建設不動産業界向けコンストラクション・マネジメント支援『CM Partner(シーエム パートナー)』を開始しました。

Website : http://www.kokusai-sekkei.com/jp/CMpartner.html

「ひとつのチャンスで、より大きな効果を上げる競争力のある組織づくり」を目的とする支援業務で、対象の事業者は建設プロジェクトの「発注者」、「設計者(設計事務所)」、「施工者」、「維持管理者」など。

従来の建設プロジェクトチームの中にCMrという『触媒の役割』を加えることで、プロジェクトの受注機会を広げ、より効率的な業務推進体制を構築します。本サービスが、従来のプロジェクトチームの枠組み(フォーメーション)にフレキシビリティを与え、国内建設業界のイノベーションを生み出す新しいシステムになることを目指しています。

cmformation

◎関連サイト

国際設計 CM事業部 URL: http://www.kokusai-sekkei.com/jp/CM.html

にほんブログ村 ジャカルタ情報
にほんブログ村 経営ブログ
にほんブログ村 海外進出支援・海外支援

インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

takeo-fj のプロフィール写真

投稿者: takeo-fj

日本の建設業界のグローバル化を底上げするプログラム

2016/05/06 (JKT建築知識, JKT最新ムーブメント, 工事契約, 工事監理, 建築マーケット, 建築入札)

これは、日本の建設業界のグローバル化を推進する人材教育、国際プロジェクトマネジメント理解のカリキュラムです。世界経済の枠組みでビジネスできる地道な活動が将来の自分たちを救うのではないでしょうか? 以下はプレスリリースです。

_________________

設計事務所・施工会社の海外業務を促進する『 建築実務のグローバル化コンサルティング 』を開始。

プロジェクトデザイン・マネジメントを専門とする株式会社ミトラ国際インドネシア (本社:ジャカルタ:代表取締役 ブディ ハルタント、日本駐在員事務所:福岡市)は
2016年5月9日より、設計事務所・施工会社が海外プロジェクトの推進を行うための
『 建築実務のグローバル化コンサルティング 』(本サービス)を開始します。

現在、日本のマーケットから越境し、人口ボーナス期にある新興国マーケットを取り込んだビジネスが建設業界でも必須となっており、その流れは益々加速しています。そのような背景の中で、本サービスは海外事業のハードルを高く感じている全ての建設業界の関係者(設計・施工・メーカーの事業者や教育機関など)を対象とし、業務の国際化を推進するために必要な実務的なスキルを提供することを目的とし、国際プロジェクトを実行可能とする国際標準スキルの「イロハ」を伝授するものです。

相談者が置かれている状況に合わせてカスタマイズした基礎的な内容から実践的な内容のプログラムを自社開発し、国際プロジェクトをマネジメントできる人材育成を行います。
既に、2016年度より国立大学法人において、弊社による「建築実務のグローバル教育:国際設計特論」が開講されており、今回リリースする本サービスは、建築実務者へ向けて、さらに発展した内容も提供可能とし、建設業界全体のグローバル化実務の構築を進めていくことを目的としています。

コンサルタントは、日本とインドネシア両国での国際業務経験豊富な弊社代表が担当します。建築分野は、藤 本 健 生(管理建築士・一級建築士・コンストラクションマネージャー)、設備分野はブディ ハルタント(エンジニア・コンストラクションマネージャー)が担当します。

◎関連リンク 「国際設計 特論」 http://www.mitra-kokusai.com/jp/sekkeiron.html
◎本リリースへのお問合せは下記まで。
http://www.mitra-kokusai.com/jp/contact/sformmail.php
担当者:斎藤弘

にほんブログ村 ジャカルタ情報
にほんブログ村 経営ブログ
にほんブログ村 海外進出支援・海外支援

インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

takeo-fj のプロフィール写真

投稿者: takeo-fj

ジェイピッド・アーキテクチャー クリニック

2016/04/22 (JKT建築知識, JKT最新ムーブメント, 建築マーケット)

(株)ミトラ国際インドネシア(本社:ジャカルタ)は2016年4月21日より、インドネシアの日系企業向けに、工場などの建築や生産設備などの修繕や更新、維持や管理などの諸問題について、エンジニアやコンストラクションマネージャーといった専門家に気軽に相談し、適時改善ができるファシリティマネジメント(施設管理)を目的とした、「ジェイピッド・アーキテクチャー クリニック」の運用を開始しました。

日本とインドネシアの規格や仕様に精通した専門家チームが、ローカルエンジニアリング & ファシリティマネジメント(施設管理)を行い、個別の案件に対して日本(JP)とインドネシア (ID)両国の視点でエンジニアリング、マネジメントを行います。ジェイピッドの名称は両国のJPとIDに由来しています。

クリニックの「診療科目」は<建築相談>・<建築診断>・<評価・プランニング>・<処置・改善>・<メンテナンス・定期検査>を基本とし、それに付随した必要なサービス、具体的には建物や設備の機能不全への補修、オーナーによる分離発注業者の選定、入札・調達支援といったコスト削減やスケジュール管理支援、さらには機材や機器の輸入、据え付け、維持管理など、オーナー側に立ってプロジェクトを管理する業務などを行います。

本サービスの詳細はこちらをご参照ください。
http://www.mitra-kokusai.com/jp/clinic.html

にほんブログ村 ジャカルタ情報
にほんブログ村 経営ブログ
にほんブログ村 海外進出支援・海外支援

インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

takeo-fj のプロフィール写真

投稿者: takeo-fj

建築地はどう探すか?

2014/01/25 (JKT建築知識, 海外進出)

ジャカルタ進出コンサルティングのミーティングを不定期に行っておりますが、
先日、「建築地をどう探すか?」という極めて初歩的だが海外ならではの質問がありました。
不動産仲介業に頼むんでしょう?という日本からの参加者の質問に対して、日本だとそう考えるのが一般的だなあと感じましたが、以下のように即答しました。

ローカルパートナーのグループ不動産会社の所有する、あるいは関連する工業団地で選定するケースが殆どですと。

海外では日本企業は現地企業とパートナーシップを組まないと事業できないという認識がいろいろな場面で必要になりますね。

にほんブログ村 ジャカルタ情報
にほんブログ村 経営ブログ
にほんブログ村 海外進出支援・海外支援

takeo-fj のプロフィール写真

投稿者: takeo-fj

JICA方式耐震性の高い住宅のパンフレット~インドネシア編

2013/11/19 (JKT建築知識, 住宅, 工法)

JICA が作成したノンエンジニア-ド・ハウスを対象にした耐震性の高い住宅のパンフレット。
インドネシアのローカル工法をベースにした一般市民向け住宅建築のガイドライン。
臥梁で煉瓦積みを囲い外壁をつくり、その上に屋根架構をつくる標準的なインドネシアの住宅構法を分かりやすく説明している。
buku_saku_6
PDFファイルを見るbuku_saku_6

にほんブログ村 ジャカルタ情報
にほんブログ村 経営ブログ
にほんブログ村 海外進出支援・海外支援

takeo-fj のプロフィール写真

投稿者: takeo-fj

建築計画の方式

2013/11/02 (JKT建築知識)

インドネシアと日本で建築計画のプロセスは大きな違いはありません。日本でもそうですが、

・『ゼネコンによる設計施工一括方式』
・『建築設計コンサルタントによる設計施工分離方式』

があります。

『ゼネコン』

日系ゼネコンのほとんどが事務所を構えておりますが、都心開発や工業団地開発といった不動産業も展開している会社、進出してきたばかりで施工体制を構築中の会社、施工実務の実際はローカル会社中心に行うジョイントオペレーション(JO)を組んでいる会社などがあります。各社とも日本人技術者の数に違いがあり、施工技術の良し悪しは千差万別、それによって工事費にもばらつきがあります。この方式ですと発注者はコンセプト設計だけでコスト比較して施工会社決定を行うので、詳細設計後に入札して業者決定する下記の場合と比べて工事費が高くなります。

『建築設計コンサルタント』

ジャカルタ拠点の日系組織建築設計コンサルタントは私たちの事務所以外はありません。
建築主の立場で設計、入札、工事監理を行い、日系現地を問わず施工会社を指導します。
設計、入札、工事監理を建築と設備の施工範囲を分離して発注しますので、ゼネコンの設計施工方式と比べると15から20%近く工事費を節約できるケースが多いです。
日本の組織建築設計事務所のいくつかは駐在員事務所を置いています。数少ないODA案件中心で、日本拠点にプロジェクトベースで活動しています。現地日系企業を相手に実際の設計監理業務を行う体制はないようです。

にほんブログ村 ジャカルタ情報
にほんブログ村 経営ブログ
にほんブログ村 海外進出支援・海外支援

ツールバーへスキップ