POI Architecture

PORTFOLIO

 

袋小路の家


狭小変形地(敷地分割・旗竿タイプ)再生プロジェクト


品川区・ 軽量鉄骨造3階・総予算1300万〜・60u〜

→戸建賃貸・狭小・密集・変形・旗竿・トップライト・改築


品川の庶民的な商店街から少し入った所の袋小路
 
周囲を住宅に取り囲まれている典型的な木造密集地に建つ2軒長屋を各戸それぞれに切り離し、
 
それぞれを敷地分割することで、新築での戸建賃貸住宅が可能になりました。
 
少し変形した旗竿敷地であることにから法的な条件がすこし難解な部分 もありましたが、
 
シンプルな3階建て住宅とすることができました。
 
3階建て戸建賃貸は、最小限の敷地で効率的に居住空間を確保できるため、
 
今後、供給数が増えていくことが予想されます。
 
工法はJFE鋼板の軽量鉄骨造フレームキットを使用することで、密集地のハンディで ある施工性と
 
工期短縮によるコストダウン、構造体の高耐久性が戸建賃貸の長寿命化を保証しています。

このエリアでは都市計画上の高度地区制限が従来の斜線規制から絶対高さ規制10Mへと

緩和的な変更になったため、周囲でも建替えが進んでいます。

しかし、木造住宅であるがゆえの軒高9Mの制限内で更新が進んでいるため、

建築可能なボリュームを十分に消化できずに更新されています。

この状況を踏まえ、建築可能なボ リューム(高さ10M)を最大限確保する

方向性で計画をスタートしました。

子育て期の広さが求められるライフステージには、オーナー家族が暮らし、

ローン返済が住んだ後は、コンパクトな住宅に移り住み、戸建賃貸として資産運用してい く予定です。



NEXT→


TOP PAGE
WORKs
About us
WEBDESK
Architect Support
BBS
Copyright : (C) 2002 POI Architecture . All rights reserved.